早起きする方法

早起きしたいと思っているのにできないのはなぜ?

早起きしたいと思っていても、なかなか実行に移すのが難しいという人もいると思います。そういう人はまずは人に起こしてもらうようにしましょう。友達でも家族でも構いません。とにかく人に起こしてもらい、朝起きるという感覚を養うことが大事です。人に起こしてもらうということは、その人に時間をわざわざとってもらっているのだし、起きなければ・・・という気持ちになるはずです。

 

また、早起きするには早く寝ることも重要です。早く寝付けないというのであれば、日中にしっかり体を動かしたり、寝る前のスマホやテレビ、パソコンは辞めるべきです。これらは脳の刺激となって逆に目が冷めてしまいます。

 

寝る前に避けたいのは、飲酒とカフェインの摂取。お酒を飲むことで一時的に眠くなりますが、アルコールを分解するときに覚醒物質に変わるため、質の高い睡眠を得ることはできません。また、カフェインにも覚醒作用があるのでオススメできません。寝る前にコーヒーや緑茶を飲むのは辞めましょう。

 

逆に睡眠を促進するものとしては、ホットミルクやカモミールティーなどです。それ以外には、あまり面白くない本を読むこと。もちろん面白い本でも効果はありますが、話が気になってどんどん読み進めてしまうようなタイプは寝付けなくなってしまうので辞めましょう。

 

とにかく、早起きするには早く寝ること、そして睡眠の質を高めることが大切になるのです。

スポンサーリンク