今日からできる!お手軽早起き実践方法!

今日からできる!お手軽早起き実践方法!

早起きをやると決めたら、明日からでもやろうと思いますよね。ですが、本当に続くかわからないことをするというのは気持ちが重くなるものです。
そんな時はまず、そもそもなんで早起きをする必要があるのか考えてみましょう。

 

目的をはっきりと決めることが何より重要

 

  • 早起きして勉強をしたい
  • 早起きして朝から運動したい
  • 早起きして仕事に取り掛かりたい
  • 早起きして規則正しい週間を身につけたい

 

などなど、何かしらの目的があるはずです。それをまずはきちんと確認しておきましょう。目的の見えないものに対してやる気を起こすことは、意外と難しいものです。ですから予め目的を紙に書き出すなどして、よく見える場所においておくとよいですね。

 

学生の方や受験生であれば、朝の勉強はとても有効なのはご存知でしょうか。脳は睡眠中に前日の記憶を整理し、必要な情報を区分けしています。ですから余計な記憶がない分、朝インプットした記憶は脳に定着しやすいのです。

 

また、余計な騒音が聞こえない4時〜5時の間は非常に集中しやすい時間帯といえるでしょう。これは仕事に関することでも同じといえます。ですから、早朝の勉強や学習は効果的なのです。明日からでも早起きを実践しようと思っているのであれば、まずは目的をはっきりと決めておきましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

早起きのコツと秘訣はサーカディアンリズムにあり!
早起きをしているということは、日が沈んでから眠りに入り、日の出とともに布団から出るということですよね。このような生活リズムのことを、サーカディアンリズムと呼びます。
早起き生活を実践するために必要な5つのこと
早起きを実践するに辺り、「さあ、明日から早起きするぞ!」と意気込んでみても実際に早起き出来るとは限りません。むしろ早起きするという気持ちがプレッシャーとなり寝られなくなる場合も少なくありません。では、早起きを実践するためにはどんなことに気をつければよいのでしょうか?